KOUYO LIFEICS rogo
株式会社向洋

INBOUND
OUTBOUND

世界から私達の街へ。私達の街から世界へ。


CONSEPT

INBOUNDインバウンド
OUTBOUNDアウトバウンド

 

インバウンドとアウトバウンド まずこの説明から始めます。
簡単に言いますと響きの通りインバウンドは、受け入れること外から中に入れる事です。アウトバウンドは、反対に中から外に出す事です。
インバウンドに精通していると言われるコンサルティングがあちこちで講演を開いたりコンサル業務を行なっておりますが、現実的にはデスクの上で統計機関発表のデーターに基づいた数字を並べての知識の披露ですので現実味がなく程遠い話になる場合が多いです。
外国人をいかにして日本に私達の街に招き入れるのか試行錯誤をしているのに特産品や農産物を海外に販売する話になってしまったりと言う経験があると思います。
貿易(輸出)と関係ないホテル・旅館業や観光施設の方には全く別な話になってしまい困惑してしまいます。
このような事からインバウンドに取り掛かる事が難しい話に聞き取れてしまう訳です。
海外に輸出する事は、インバウンドとはまた別の話であると言っても良いでしょう。
しかし、日本に旅行においでになった外国人にこれら特産品や農産物を販売して街おこしに繋げたいものです。
インバウンドからアウトバウンドへの流れが出来ることが理想であると思います。

 INBOUNDインバウンドとは

「入ってくる、内向きの」という意味の形容詞( 英語)から旅行業界で昔から使われていた用語のひとつです。外から入ると言う意味から外国人が訪れてくる旅行のこと。日本へのインバウンドを訪日外国人旅行または訪日旅行と言います。これを物のやりとの貿易に置き換えますと輸入となるでしょうか。

OUTBOUNDアウトバウンドとは

「出す、外向きの」と言うよにインバウンドの反対を言います。旅行業界で昔から使われていた用語のひとつです。我々日本人の海外旅行をアウトバウンドと言います。これを物のやりとりの貿易に置き換えますと輸出となるでしょうか。

注意

インバウンド訪日外国人旅行は、これまでも一部の欧米人の受け入れなどを大手旅行会社が取り扱って参りましたが、その数は経済を動かすほどではありませんでした。近年の日本政府の観光立国宣言から一気に自由解放された為に近隣のアジアなど中国を初めとする多くの観光客が訪日するようになりました。規制が無いと言っても良い状況ですので大手旅行会社にも対応できないほどのこれまでの旅行業界のルールを無視した外国系手配師が取り扱う数が圧倒的に多く、しかもコスト面でもかなり安く取り扱っております。このような状況から実態が掴み難いのが現状です。向洋では、実体験しているインバウンドの取扱経験から的確なアドバイスを致します。

 
 

世界地図インバウンド

世界から私達の街に訪日旅行

 

 
インバウンドから
アウトバウンドへ
人の流入から物の流出へ
国際化は、次の時代の原動力

 
 
世界地図アウトバウンド

私達の町から世界へ輸出貿易


 

急増する訪日外国人観光客をいかにして私達の街に招き入れるかが大きな課題である 

牛久大仏集合写真

2017年 訪日外客数(主な国)

韓国 中国 台湾. 香港 タイ
入国者数 7,140,200 7,355,900 4,564,000 2,231,500 987,200
シンガポール ベトナム マレーシア インドネシア フィリピン
入国者数 404,100 308,900 439,500 439,500 352,300
国  英国 フランス ドイツ イタリア ロシア
入国者数  310,500  268,600  195,600 125,800  77,200 
 国 米国 カナダ インド スペイン オーストラリア
入国者数 1,375,000   305,600  134,300  99,800 495,100 
2017年 総外客数(全ての国) 28,691,100


MARKETING

機影成田JAL

ご提案した企画をターゲットに的確にアプローチして参ります。世界各地にある弊社の提携エージェントを駆使しての末端ユーザーにPR販売を致します。

マーライオン川村

シンガポールのマーライオンのパワーをもらって強力に営業活動中!

ジャパンツアー藤原、川村

日本への旅行の専門会社が新店舗開店致しましたのでお祝いに駆けつけました。


ベトナムパーティー川村

旧正月のお祝いのパーティーにご招待いただきました。
2017年度、日本を観光したお客様でいっぱいです。

商品企画開発

インバウンドによる商品企画開発が、お客様を海外から招き入れる第一歩です。今、自分たちの周囲には、観光に魅力的な素材がどのくらいあるのだろうか、外国のお客様が好む素材がどのくらいありますか。
風景であれ民芸品であれ食であれどのような題材でも良いのです。
田園の風景、田舎道、小川、山、神社仏閣など毎日見慣れている風景にちょっと工夫をしただけで宝物の風景に生まれ変わる可能性があります。
日本の私達の街にしかないものを探し出すことから全てが始まります。

ターゲットを決める

企画した商材を誰に販売するのか、もしくは、どのような人が好むかを分析した上でターゲットの絞り込みが必要です。例えば、欧米人とアジア人とでは欧米人は自然や歴史、文化を良く好みますが、アジア人は都会の華やかさや日本製品のクオリティがとても好きです。
もっと絞り込みますとヨーロッパでフランス人とイタリア人の趣向も少し違います。アジアで言いますとベトナム人とシンガポール人の趣向などはかなり違います。
隣り合わせた国でもお国変われば事情が変わりますので全ての国、人々に同じ物が受け入れるられるとは限りません。
このような内容からターゲットを絞り込む事が大切になってまいります。

宣伝媒体の作成

商材が、決まったらそれをPRする為の宣伝媒体「パンフレット、リーフレット、チラシ、ビデオ、ホームページ」などの作成をします。最近は、SNSを利用したPR活動も大きな反響を呼んでおります。予算等などにもよりますが、ターゲットとした地域の言語での媒体作成は必須でしょう。
宣伝媒体を作成する上で必要なものは写真になりますが、ただの写真ではダメなのです。ひと目見て行ってみたい、生の風景を見たいと思わせるような写真が必要です。
宣伝写真をそろえる事が必須ですが、これが非常に難しいです。
花のある風景でしたら満開で抜けるような青空や朝焼け、夕焼けのように1年に何日も出現しない様な魅力的な風景をおさめなければなりませんのでプロのカメラマンに依頼しても限界があります。

フォトコンテストとフォトライブラリーのご提案

昨今デジタルカメラの発達と共にカメラ愛好家が増えております。観光地に行きますと子供からお年寄り男女問わず、にわかカメラマンが沢山おりますのでフォトコンテストを開催することをお勧めいたします。
コンテストの入選作品は、フォトライブラリーに登録管理させることを条件にして世界中の雑誌、新聞、パンフレット、TVなどメディアからの要望があれば自由の使わせ勝手に宣伝していただくわけです。

営業活動

私達株式会社向洋は、これまで培った旅行事業のノウハウと海外ネットワークを駆使して現地での営業活動や関係イベントへの出店などのサポートをいたします。また、一般PRに留まらずに学校、団体、企業など海外の団体との交流事業などのサポートもいたして参ります。あらゆる言語に対応しての通訳のお手配から交通機関のコーディネートなど全般にわたる業務一切をご提案致しまして海外での安心して営業活動を進められるように完璧なサポート体制でお引き受け致します。
にわかコンサルタントの様な言葉だけで実働体験していなアドバイスでなく現場を知り尽くしたスタッフが、クライアント様と汗して現地を飛び回り本気で取り組みます。

 
 
温泉

成田出発カウンター

ホーチミン旅行博

雪 韓国僧侶